ムダ毛処理語のチクチクがヤバイ!毛周期を遅らせるには?脱毛サロンや、剃毛、自己処理グッズの真実を紹介

この頃ほとんどの脱毛サロンでは、新規の契約を

無駄毛のバイバイ!脱毛サロン、ムダ毛自己処理グッズの真実
■HOME >> この頃ほとんどの脱毛サロンでは、新規の契約を

更新日:2017/08/22

この頃ほとんどの脱毛サロンでは、新規の契約を

この頃ほとんどの脱毛サロンでは、新規の契約を増やす目的で廉価での体験キャンペーンを行っています。

このような体験キャンペーンを組み合わせて利用し、格安で脱毛を終わらせてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と表現します。

一見、脱毛サロンの掛け持ちは得なようですが、複数の脱毛サロンのカウンセリングを受けなくてはいけないのは、少し煩わしくもありそうです。

これから永久脱毛を始めたいと願っている方の中には永久脱毛で必要な期間をわからない方も多いのではないでしょうか。

永久脱毛が済むまでの期間はその人の発毛周期とかかわりがありますので、誰でもこれくらいの期間で完了するという事は確定できません。また、脱毛に何日おきに通うかにもよりますし、ムダ毛が多いかどうかでも異なってきます。

脱毛クリニックなどで施術して、「永久脱毛できた!」と思っても、のちのち、絶対毛が生えないかというと、必ずしもそうとは限りません。

毛には毛周期が関わっている為、処理した時期には眠っていた毛が、後日ひょっこり生えてくる場合もあります。

施術を受ける度に確実に毛の量は減りますが、気を許さずにワキはこまめにチェックするよう心がけましょう。

脱毛の時に毛抜きを使うのは、ムダ毛を自分で処理する方法の中でも、あまり良くない手段だといえるでしょう。

使うものは毛抜きだけですが、時間もかかってしまいますし、埋没毛の原因ともなってしまいます。ですから、毛抜きで毛を抜くのは、やめたほうが良いと思います。

滑らかな肌を目標とするなら、お肌へのダメージを考慮してムダ毛処理の方法を選んだほうがよいです。

脱毛サロンで処理してもらう前の自己処理には、電気剃刀で行うのがいいでしょう。何故なら電気シェーバーだと他の方法よりも肌への負担が少ないため、当日に炎症のせいで施術を受けることが出来ないということが起こらないと思います。電気シェーバーとは違う方法で無駄毛を処理する場合、施術の前日ではなく、余裕をもってもっと前にシェービングを済ませておきましょう。

同じように聞こえますが医療脱毛と脱毛サロンは、違います。

医療脱毛は、医師や看護師によるレーザーを使った脱毛のことです。

永久脱毛することができます。

それと比べ、脱毛サロンでは医療脱毛で使用する様な照射の際、強力な光の脱毛機器は残念ながら使用できません。

脱毛サロンは医療脱毛と比較すると効果では負けてしまいますが光が弱い分、肌への負担と痛みが軽く済むため脱毛サロンの選択をする方もいます。

脱毛エステで施術をしてもらった後は、自分自身でもアフターケアは行っておくのがよいでしょう。

そのひと手間のアフターケアをしておくことで、肌トラブルをさけ、良い状態を保ちやすくなります。

自分で行えるアフターケアの方法はお店で指示をしてもらえるはずですが、施術後の部位は冷やすこと、また保湿に努めること、なるべく刺激をさけること、とこういったことが基本になるでしょう。中でも特に保湿に関しては大変重要になります。脱毛エステにどれくらいの期間がいるのかというと、大体2、3か月に1回の施術を納得がいくまで通うので、全員同じというわけではありません。

施術が6回で十分だと思ったら、ざっと1年から1年半の期間通うことになるでしょう。一般的には、一箇所で12回ぐらいする必要がありますから、大体2年半ぐらいは通うことになるでしょう。

施術が毛周期に沿ったものでないといけないということで、残念ですが1か月ごとに受けてもお金を無駄にするだけです。医療脱毛は安全だとされていますが、そうだからといって全くリスクがない訳ではありません。医療脱毛にも、火傷やニキビはたまた毛膿炎などの危険があります。医療脱毛以外でも、こういったリスクはエステでの脱毛でも起こりうるものです。脱毛の際は、少しでも口コミがいいところで施術を受けてください。

今までの脱毛は、「ニードル法」という針を用いて毛穴を刺激するものなど、痛いと感じるものが多くありました。ですが、今時の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」というものです。人によりますが、フラッシュ脱毛であれば少々ちくっと感じる程度で、それほど痛いとは感じません。

ただ、Vラインなどの毛が密な部分は少々痛みが強くなります。脱毛サロンに通っていて、まれにトラブルが生じます。一例としては、皮膚が赤く腫れ上がったり、さほど、効果がなかったり、予約したい日に取れないことです。

トラブルを防ぐためには、前もって、周りの反応をインターネットなどで調べておくといいかもしれません。

それに、自分だけで決めないようにして、誰かと情報交換することも時には必要です。

脱毛サロンで脱毛をすることで感じるかもしれない不便な点や不満のある点としては、まずはとにかくお金のこと、そこそこの料金を支払う必要があるということでしょうか。刃物や薬品など市販品を使って自分で処理を試みるより、相当高めの料金となるのが普通です。それに加え、サロン通いのための予約を取る必要があるため、そういったことが煩わしくなって自然と通わなくなることもあるでしょう。

さらにその上、サロンで受けられる施術は医療系の脱毛クリニックでの施術より効果が若干劣るという点もサロンの弱点だといえるでしょう。前から、毛深いことが気がかりでした。脱毛をしたらいいよ、と友達から教えてもらって、自分も脱毛しようと決めて、手始めに、ワキを脱毛してもらうことになりました。

脱毛の後、すぐに効果が実感できたので、他の場所も脱毛することにしました。

肌の色も明るくなったように感じました。脱毛してほしいゾーンがますます増えてしまって、契約を変えて、全身脱毛に落ち着きました。

脱毛するごとにツルツルしていくのがとても楽しくなりました。

脱毛サロンを選ぶ際に注意して頂きたい事があります。価格が明確であることを一番最初にチェックして、肌のトラブルが起きた際、きちんと対応してくれる用意があるのかどうか、調べておくほうがいいでしょう。

思っていたのと違う、という事もあるかもしれません。その場合、途中で解約する場合違約金が発生する場合があります。その金額なども慎重に契約書を確認しておきましょう。どんなにいいサロンでも、予約が取れなければ意味がありません。予約のキャンセル料がかかるのかどうかといった事も見落としがちなので注意しましょう。

電動シェーバーでムダ毛脱毛を行なうのは、デリケートな肌への刺激が少なく、脱毛方法の中でも良い方法です。とはいえ、お肌の表層にある毛しかきれいにできないため、すぐに伸びて来てしまって、短いスパンでムダ毛と格闘しなくてはなりません。

それと、全く肌にストレスがないわけではありませんから、肌が弱めの人は異なるやり方でムダ毛の処置をして下さい。

一般に、脱毛エステとはエステティックサロンのコースの中に脱毛コースを設定してあることを指します。

エステ脱毛なら、それ以外に、ダイエットコースとかフェイシャルコースといったコースも併せて受けることができます。隙の無い美しさを手に入れたい方は実績あるエステでの脱毛だと満足できると思います。

脱毛サロン利用のお値段ですが、どこの脱毛サロンかで料金は違ってきますし、脱毛したい部位がどこなのかでも違ってくるものです。

大手脱毛サロンがよくPRを行っているようなキャンペーンを上手に使うことで、かなり安いお値段で脱毛できる場合もあります。

ワキはあのサロン腕はこちらのサロンというように脱毛したい部位ごとにお店を変える、要するに脱毛サロンを使い分けると段取り良く脱毛を進めることができそうです。こうして複数のお店を同時進行で使い分けると、予約を取りやすくなるというのも大きなメリットと言えるでしょう。ムダ毛除去を考えて美容サロンに通おうとした場合は、施術を受けたならば、間隔をしばらくあけなければなりません。

ムダ毛が生えるタイミングに合わせて施術しないと効果が出ないため2ヶ月くらいを間隔としてはあけます。

脱毛が完結するまでには少なくとも1、2年が掛かりますから、脱毛サロンは通いやすさを重視して選択してください。

ムダ毛のないツルツルのお肌を目指すとき、まずは自分で処理をする人が殆どです。

最近では、サロンと同じ方法が家庭でも出来る脱毛器もよく売られているのをみかけますので、特にお金を掛けてエステや脱毛クリニックに通わなくてもいいと感じてしまうかもしれません。ただ、自己処理で済ませてしまうとプロに任せるのと比べて仕上がりに不満が残りますし、脱毛を頻繁にしなければいけないので、肌の負担が大きいので、注意が必要でしょう。ここ最近、一年中、そんなに着込まないスタイルの女性が大勢いらっしゃいます。大勢の女性が、ムダ毛の処理方法に毎回頭を悩ませていることと思います。

ムダ毛を処理する方法は広くありますが、一番すぐに出来る方法は、やはり家での脱毛ですよね。永久脱毛とはどんな方法で施術をなされるかというと、レーザー等の機械を使用して毛や毛根にあるメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を作る組織を壊し、永久的に毛が生えないようにするという方法です。

レーザー脱毛という脱毛法以外にもニードル脱毛がありますが、現在では、レーザーが主になっています。

どっちにしろ毛を作り出す組織を破壊してムダ毛が生えないようにするというものなのです。

メニュー